この章では自閉症児の胃腸障害の色々な症状についての詳細説明とその治療の為の基本的な処置について以下の様に5つのセクションに分けてまとめてあります。 特に治療方法/方針に関しては、5項の注意事項をよく読んでください。

1. 症状が体内でどのようにして進展するのか、何故自閉症児に顕著に現れるのか、そして放っておくとどんな問題を併発するのか等についての説明。
2. 個人によって異なるが、一般に共通して診られる徴候や症状。
3. 胃腸のアンバランスが起きる問題の原因。
4. 当社が推奨するラボテスト(検査)やその他の診断方法による診断。
[この中に紹介されている検査全部をする必要はありません。ヘルスケアの専 門家にこの中から適切なものだけを選んで貰いましょう]
5. 治療方針/方法:ここでは医薬品、天然のサプリ、食事療法, 再発予防策を紹介し
ます.但し、この治療については以下の事柄に注意して下さい。
●ここに書かれているガイドラインはあくまでも推奨出来る治療の選択肢であり、症状やその重さの度合いも各個人によって異なることから誰にでも推奨出来る治療対策ではありません。各個人の治療方法については必ず医師と相談して決めてください。
●個々の治療での基本的な処置が他の異なった症状の時のものと重複するものがあります。
●概して服用量についての指示は当社製品のサプリについてだけのものです。他社製品についてはそのメーカーのラベル上の指示に従って下さい。

●腸内菌共生バランス失調
●腸内酵母菌とカンデイダの過剰増殖
●消化管漏出症候群
●グルテンとカゼイン過敏症
●食物アレルギーと過敏症
●消化不良と吸収不良
●下痢
●便秘
●炎症性胃腸障害
●硫酸化不足
●腸の免疫不全


ページトップへ▲