Iwantではアメリカで療育を受けてみたいというご家族のために
色々なお手伝いをさせていただいています。

サンディエゴはカリフォルニア州の最南西にあるメキシコとの国境に面しているカリフォルニア州でロサンジェルスに次いで2番目に大きい市です。


ロサンジェルス空港から車で2時間半にてサンディエゴ市に着きます。
またサンディエゴにはサンディエゴ国際空港があり日本へはサンディエゴからサンフランシスコ経由で東京成田、または関西空港への往復便もありとても便利な市です。
また観光地として有名でサンディエゴ動物園 Sea World、レゴランド、ワイルドアニマルパークなどたくさん観光場所があります。
日本の企業もたくさんあり、日本人もたくさんサンディエゴに住んでいます。
日本のマーケット、日本食レストランはもちろんのこと書店、DVDレンタル、旅行店など日本語で通じるお店がたくさんあり不便を感じることはありません。
安全面についてはもちろんアメリカですので環境の悪いところはたくさんあります。
しかしIwantがご提供するアパートは環境のよい安心して生活していただける場所です。
便利、安全でとてもきれいなサンディエゴの街を満喫していただけます。
サンディエゴ国際空港からは約車で30分、各セラピーの場所は滞在場所から約10分から30分のところで便利さがご好評を得ております。

Sea World Lego Land



ご家族のニーズに合わせた、住み心地のよいホテル、コンドミニアム、アパートメントまたは家の予約、手配を行っています。



西洋医学の医師であったDr.Stillによって研究が行われたオステオパシーとは自然治癒力を活かして、身体が本来持っている機能性を戻し、健康に導く医学です。頭蓋骨や背骨の歪みを直すことにより、脳脊髄液や体液の流れを調節して脳の生来の動きを促進し、人間が本来持っている自然治癒力を引き出します。また骨格、関節を調節し、体全体の循環系と神経系のアンバランスを手技療法で調節します。
現在、サンディエゴですばらしい経験と技術をお持ちのDr.フライマンによるアセスメントと治療が受けられます。このセラピーを受けたほとんどのご家族がその効果のすばらしさを絶賛しています。
自閉症、ADD,てんかん、ぜんそく、慢性感染症、視覚障害 発達遅滞 脳障害、アレルギー、染色体異常 などに効果が見られます。




Hyperbaric Oxygen Therapy (酸素カプセル、以下HBOT)とは、100%の酸素を使って、リラックスした雰囲気の中で行なわれる、痛みの無いトリートメントです。HBOTは普通の空気の圧力よりも、大きな圧力をかけて行われます。100%の酸素に圧力をかけセラピーを行うことで、普通に私たちが生活しているときと比べて10倍から15倍の酸素を身体の中に取り込むことができるのです。
そのため一度カプセルに入ってセラピーを始めますとすぐには外に出ることはできません。外に出るまでに5分から20分かけて普通の空気の圧力に戻して安全を確かめてから外に出るようにします。

HBOTは酸素を体中の組織へ運び、血液中の酸素量を増加させます。専門家による監視のもとで圧力をかけ、酸素を送ることにより、体内の酸素量が増し、体中の組織、骨、血漿、そして中枢神経系にまで酸素が行き届きます。

HBOTは、感染症やバクテリアと戦う白血球の働きを助け、免疫機能を高める効能があります。HBOTにより、赤血球が普段は酸素を運べない体の部分にまで酸素を運ぶことが可能になるのです。

私たちが普段呼吸している空気は21%しか酸素は含まれておらず、残りは78%窒素と1%その他のガスで成り立っています。しかし、HBOTは100%の酸素を使っているので、傷を癒したり、新しく血管を育てたり、腫れや炎症を静めたり、毒素や老廃物を身体から除去したりなど様々な効能があります。さらに、傷などが早く直り、感染症と闘う機能を高めるなどの効果もあります。
適応例
自閉症 てんかん 脳梗塞 脊髄損傷
脳性まひ ライム病 発性硬化症(MS) パーキンソン病
アルツハイマー 認知症(痴呆症) 線維筋通 慢性疲労症候群
スポーツでの怪我 免疫組織の強化 クローン病(炎症性腸疾患) 抹消血管疾患
関節炎 高山病 溺水 片頭痛
形成外科の手術からの回復(美容整形など) 外傷性脳損傷

HBOTとてんかん

発作の震源地は Magnetic Source Imaging (MSI)と呼ばれる方法で特定することができます。たとえば、SPECTスキャンで見ると、血液の流れが乏しいところに発作が起こるケースが多いことが分かり ます。PETスキャンでは、代謝の速度が遅いところで発作が起こ起こるケースが多いことがわかります。神経学者たちの見解は発作の震源地の酸素が欠乏していると言うこ とで一致しています。HBOTによって発作の震源地に新たに血管が育ち、酸素がいきわたるようなり、それによって発作の一因となる酸素の欠乏を防ぐと言う わけです。

セラピーの効き目は個人差があります。脳性まひや外傷性脳損傷の患者さんたちの多くは、HBOTにより発作が改善されました。また脳梁離断などの術後の回復にも効果がみられるケースもあります。





ニューロフィードバック・セラピーとは薬も電気による刺激も使わず、脳が自然に持っている学習能力を利用して、障害や疾患によって生じた脳機能の異常の回復を助けるセラピーです。Dr.ジョン・デュプラーによる丁寧でわかりやすい説明とセラピーが受けられます。このニューロフィードバックセラピーで様々な障害によって引き起こされる問題がよくなったと言う方が多々おられます。てんかん、自閉症、ADHD、PDD, 脳障害、心的外傷ストレス障害、睡眠障害、外傷性脳損傷、学習障害、強迫神経症 など様々な障害に効果が見られます。
詳しくはこちらを参照ください。





言語、聴覚、音声などの障害のある方に言語感覚機能の獲得、維持、回復を計りコミュニケーションの能力を高めるセラピーです。

サンディエゴで有名なクリムゾン言語療法センターにて、キャリン・サーシー先生をはじめとするすばらしいスタッフによるセラピーが受けられます。英語でのスピーチセラピーは日本語を使う子供たちには意味がないのではと思われるかもしれませんが 発語を促し、また言葉を出すことを促す上では言語の違いはありません。このセラピーを通じて、いかに日常で自然に子供たちが言葉を使ってコミュニケーションをするかというトレーニング方法を親が学べるという点でもすばらしいセラピーです。また、スピーチだけでなく、強化子(ご褒美となる刺激)の使い方など、行動療法も同時に学べます。
http://www.crimsoncenter.com

またクリムゾン言語療法センターにて下記の様々な分野のセラピーが受けられます。
サンディエゴ トリートメント ネットワーク
サンディエゴ トリートメント ネットワークは2006年に作られました。一つの場所で様々な分野のセラピーが受けられるという便利で有効的そして協力的なネットワークです。
各分野(神経心理学・心理学・スピーチセラピー・OT・学習障害向けセラピー・音楽セラピー)の専門家による総合的なアセスメント(診断)それに基づくセラピーが受けられます。年齢問わず、下記の障害等に効果をもたらしています。また障害者そして障害者をお持ちのご家族のカウンセリングも行っております。
自閉症 発達障害 LD,ADHD 総合運動障害
学業の遅れ 学業の遅れ 聴覚性処理障害 言語障害


サンディエゴにあるセラピーセンターにて25年以上の経験がある
優秀なスタッフによるOT、PTが受けられます。

作業療法 Occupational Therapy
身体/心/生活に障害のある人に生活能力の向上を図るための応用的動作、
社会的適応能力のための訓練です。
理学療法 Physical Therapy
身体に障害のある人に基本的な運動能力を回復させる機能訓練セラピーです。





Iwantでは通訳の予約、手配を行っています。
同時通訳による解説で安心してセラピーを受けていただけます。


その他、アクティビティーなど色々な滞在に関するコンサルタント業務を行っております。
どうぞ気軽にご連絡下さい。連絡先は下記の通りです。
nackmngr@nackusa.com

【NackUSA,Inc.】
iWANT Service Desk
12809 Montauk st, Poway CA 92064
Phone:858-391-0100
Fax:858-391-02001

This website is offered in Japanese.
Copyright(C) K2M Co.,Ltd. All Rights Reserved