2012年2月11日(土)〜2月19日(日)


東京都港区港南2丁目
JR品川駅港南口より徒歩5分
お申し込みをされた方に住所詳細と地図をお送りします。
最寄の有料駐車場は品川インターシティー、徒歩5分です。
http://www.sicity.co.jp/k/index_k.html

脳のトレーニングにより脳波を整え、発達、学習、および行動上の問題の改善を図ります。

1)詳細な脳波分析と障がいに関連する脳波の異常部分の正確な理解。
2)脳波の異常を改善するための各自に最適なニューロフィードバック・トレーニングプログラムの策定。
3)トレーニングの初期効果の確認(注1)
4)今後のトレーニング計画案(注2)

(注1)
・トレーニングによる変化のスピードや現れ方は一人ひとり異なります。
・経験的にニューロフィードバックが効果を上げないケースが約20%あると言われています。
(注2)
・8項を参照ください。

基本は一人8日間(ブレーンマップ1日+トレーニング7日)です。 事情によりトレーニング回数の若干の調整は可能です。

1日目:ブレーンマップ
所要時間 2時間
障がいと密接に関係する脳波の異常部分を調べ、改善のためのトレーニング基本プログラムを策定します。

ブレーンマップでは頭部に19本の電極をつけて脳波を記録、特殊なソフトウェアーを使ってその分析を行い、発達、学習、行動などの問題につながる脳波の異常を調べます。 「うちの子は帽子ですら嫌がるし、じっとしていることもできないので無理」と考える方が多いと思いますが、心配は要りません。手や体を押さえてあげる必要がある場合もありますが、過去10年間でブレーンマップを取れなかったことは一度もありません。 また、万が一ブレーンマップがとれなくても、一本の電極を移動させながら数箇所(通常8箇所程度)で脳波のデータを取るミニマップという代替的な手法を用いることが、多くのケースでは可能です。

分析結果は翌日説明されます。


2日目:ブレーンマップ分析結果説明とショートトレーニング
所要時間 1時間
まず前日のブレーンマップの分析結果の説明があります。様々な分析結果を確認しながら、どのような脳波異常や脳内各部の繋がりの悪さが発達、学習、あるいは行動上の問題に繋がっているのか、一つずつ丁寧に結び付けてゆきます。結果として、今まで見えなかった「しょうがい」の姿が具体的に浮かび上がり、その改善のための基本的なトレーニング計画が作られます。 

説明と質疑応答のあと残った時間を使って、基本トレーニング計画に沿った第一回目のトレーニングを行います。

3日目以降: トレーニング
所要時間 各1時間
通常6日間にわたり毎日ニューロフィードバック・トレーニングを繰り返します。その間、トレーニングに対する脳波の反応や、家庭や学校における行動上の変化など様々な情報を加味、統合しながらトレーニングプログラムに対して綿密な調整を行い、一人一人のより詳細で効果的なトレーニングプログラムが出来上がります。 

殆どのケースで、全セッション終了までにトレーニングによる初期的な変化を実感することができますが、この時点で現れる変化の大きさは一人ひとり異なります。


ブレーンマップ 10万円
トレーニング・セッション 一回2万円

ニューロフィードバック・トレーニングは継続的な反復練習により脳の自己学習を促進するトレーニングですので、中〜長期の取り組みが推奨されます。 トレーニングによる脳波の変化のスピードはケースにより異なるため一概には言えませんが、一般的にはっきりした変化を見るためには最低30回〜50回程度のトレーニングセッションが必要です。 また、その後もそれぞれのペースでトレーニングを続けることにより、更に継続的な改善が可能です。

セッション終了後もトレーニングの継続をご希望の方は、東京にてデュプラー博士によるトレーニングを継続して受けることができます。 詳しくはセッション時にお問い合わせください。

togoryoikustation@gmail.com
This website is offered in Japanese.
Copyright(C) K2M Co.,Ltd. All Rights Reserved